小斎直也の勇往邁進

小斎直也の日常生活や様子を日々記していきます。このブログを見れば小斎直也の全てがわかる!!とまではいきませんが、人となりがそれとなく浮かんでくるのではないでしょうか。波乱万丈な人生というわけではありませんが、とりとめもないことを書き記していければと思います。

小斎直也の悩み。大きな机にするか、小さな机にするか。

毎日使う机、なんだかスペースが足りないなと思いつつも、大きな机だと邪魔になりがち、かといってどのサイズが程よいサイズなのかなんてわかりませんよね。

一時期はL字机に憧れていた時もありましたが、知人の家に置いてあるL字机を見た時、これは流石に大きすぎると思い今は考え直しております。

とはいえ私、小斎直也が今使っている45*80の机ではやっぱりなにかと狭い。

どの程度の机を買うべきなのかというのはどんな方でも悩ましいところなのでしょう。

120*60か、140*70まで広げてしまうか。はたまた、120*45か、90*45かなどなど。

もちろん部屋の広さに応じてと言ってしまえばそれまでなのですが、できるだけ広いスペースがほしいとは思いますよね。

そして机も、ただの机なのか、引き出し付きなのか、蛍光灯付きなのか、本棚付きなのか、ラック付きなのか、などいろいろ。両側に引き出しのある両袖机もなかなか魅力的なのですが、意外と座れるスペースが狭くなって窮屈になりがちでもあるんですよね。

やっぱり最初はシンプルな机をかって後から足していく方が良いのか。

そう考えますと、机も小さめのものを買って、後から必要に応じてサイドテーブルなど細かく足して行くほうが良いのか。難しいところです。

もっとたくさんのレイアウトを見て参考にしたいと思います。

そういえば昔劇的ビフォーアフターという匠が家をリフォームする番組がやっていましたよね。結構話題になりましたが、やはり部屋や家というのは誰もが気にしているところですよね。

漠然ともっとよくしたいと思っていても何をどうすれば良いかわからない。

難しい問題です。