小斎直也の勇往邁進

日々まっすぐ進んでいきます。

小斎直也のラーメンの食べ方。

こんにちは、今日は随分と冷え込んでいますよね。

北日本では多くに地域が氷点下を記録しているとかで、記録的な猛暑から一転、急激な寒さに襲われています。

しかし寒さも悪いことばかりではありませんよね。

そう、ラーメンが美味しく食べられるという最大の利点があります。

どうも、ラーメン大好きの小斎直也です。

 

そんな私、小斎直也のラーメンの食べ方を考えたいと思います。

ラーメンの食べ方というといろいろありますよね。まずスープを飲む、やレンゲにスープをすくいながら、麺をすする。野菜と麺をまずひっくり返してから食べる。まず具を食べる。などなど。

 

小斎直也のラーメンの食べ方はいたってシンプルです。

まずスープを飲みます。これが重要で、どんなスープの味かによっても若干食べ方を変える時があります。

あとは具と麺ですよね。とりあえず最初は麺をちょっとすすります。硬い麺か、柔らかい麺か、など麺の具合によって今後のプランを考えていきます。

そして具。具といってもいろいろありますよね。煮玉子、チャーシュー、もやし、キャベツ、ネギ、海苔、メンマ、角煮、ほうれん草、よくあるところでこんなところでしょうか。

基本的には具を少し食べ、麺をすすり、具を少し食べ、という感じでバランス良く食べていきます。特に難しいのがこの海苔。

大体はスープにつかっていない状態です。

スープにひたして麺と一緒に食べる人もいれば、そのままの状態で少しずつ食べるひともいるでしょう。

私はスープに一回ひたしてから一緒に食べるタイプです。味がしっかり染み込んでこれがまた美味しいんですよね。

ライスなどがついている場合はライスと一緒に食べることもあります。

 

ラーメンの食べ方は、見ていると実に様々ですが、上品にゆっくりちまちま食べるよりは、自分が一番美味しいと感じる食べ方が良いですよね。そのほうが見ていても心地が良いです。

最近やっているクワイエットプレイスは面白そうですよね。

こんちは、近頃コーヒーブレイクの小斎です。このサイトは私が何か気になることやイケてるものの話、好奇心をくすぐられることについて綴る場所です。映画に偏るけど悪しからず。

戦いはクライマックス!周瑜や諸葛亮など英雄たちの活躍が見れる「レッド・クリフ Part2」

はーい身の回りが忙しくなってきました!皆さんの周りは変わりありませんか?

さて本日の主題は…。2009年公開の映画、中国の戦争・アクション映画作品、『レッド・クリフ Part2 ~未来への最終決戦~』です。監督ジョン・ウーによる映画で、トニー・レオン主演によるものでした。原作は羅貫中による三国志演義です。あらすじはざっとこんな感じ『赤壁の戦いをクライマックスとした一大決戦を舞台に、強敵を前に知略を競う周瑜諸葛亮の活躍を軸に、曹操孫権劉備ら各陣営の英雄、周瑜の妻・小喬孫権の妹・尚香らヒロインそれぞれの戦いが様々に交錯して展開する。』

いかがでしたか?小斎直也の印象としては出演者の演技力の高さに魅了される、そして自分の悩みがちっぽけに思える、といったところです。皆さんもぜひ一度ご覧ください。

映画を見られるだけの休憩時間がほしいです。

どもども、ナウはコーヒーブレイクの小斎直也です。このブログはわたくし小斎が気にかかることやホビーの話、興味あることについて書いている場所です。

映画を観る時間だけは確保しています。

どーもです、最近ダイエットに飽きた小斎直也です。このルームはわたくし小斎が何か気になることや好きなことの話、注目してることについて話しています。映画がメインなのでよろしくです。

赤壁の戦いを描く!迫力満点「レッド・クリフ Part1」

どうもですちょっとめっちゃ忙しくてヤバい!皆さんの周りは変わりありませんか?さて今日のテーマは…。2008年公開の作品、中国の戦争・アクション作品、『レッド・クリフ Part1』の紹介です。

ジョン・ウー監督ムービーで、トニー・レオンが主演でした。原作は羅貫中による三国志演義です。あらすじはというと…『中国の北部を平定した魏の曹操はその支配を南部に向けようとしていた。後に蜀を建国する劉備と呉を建国する孫権は同盟を結び曹操を迎え撃つ。

兵力で劣る劉備孫権連合軍は諸葛亮の策略で決戦の準備を整えていく。そして、両軍は長江の赤壁で対峙するところで、第一作は終了する。』

どうでしたか?印象としては息をのむ迫力に終始圧倒された、それと明日を生きるエネルギーを貰える、といった感じです。既に観た方も、見直してみると新たな発見があるかも?