小斎直也の勇往邁進

小斎直也の日常生活や様子を日々記していきます。このブログを見れば小斎直也の全てがわかる!!とまではいきませんが、人となりがそれとなく浮かんでくるのではないでしょうか。波乱万丈な人生というわけではありませんが、とりとめもないことを書き記していければと思います。

小斉直也ってどんな人?100の質問をちょっとだけ。

どうも、いつもながらの小斎直也です。
先日は私の自己紹介を書きましたが、どうにも内容の大半が「小斎」と「小斉」の違いになってしまって、肝心の自己紹介ができていませんでした。

ということで今回は反省して、きちっとわたくし小斎直也がどんな人か知ってもらうためにも、きちんと自己紹介をしていきたいと思います。
そこで、○○に100の質問という感じのよくある質問を利用していきたいと思います。
もちろん100もやっていたらキリがありませんので、その中でもいくつかピックアップしていく形で勧めていきます。

一度にたくさんは書ききれないので、何回かに分けるかもしれませんが、その点はご少々ください。
ではいきます!

1.小斎直也の性別は?

名前からお察しの通り男性です。「てやんでぇ」というような言葉が似合う江戸っ子タイプではありませんが、見た目はご想像におまかせします。

2.小斎直也の趣味は?

これは前回ご紹介したとおり、映画鑑賞です。「小斎直也ムービーセレクション」なんて一度作ってみたいですね。今一番おすすめしたい映画はミッション・インポッシブルです。最新作もぜひ見に行きたいところです。

3.小斎直也の好きな食事は?

これはなかなかに難しい質問ですよね。はっきりいってしまいますと、好きな食事がありすぎて全く絞れませんし、例えば「カレー」が好きと一口にいっても、いろんなカレーがありますよね。
なので、ちょっと今食べたいものをあげます。
ずばり今食べたいものは冷やし中華です!

4.小斎直也の今欲しいものは?

欲しいものと言われますと、やっぱり映画関連のものになってしまいますが、それ以外となると、やはり日頃の生活をよくするアイテムがほしいですね。ちょっと漠然としていますが、例えば寝具をアップグレードしてぐっすり眠れるようにするとか、良い空気清浄機やルンバ、食洗機など、生活が快適になりそうなものならなんでもほしいです。

さて、今回はひとまず4項目。次回も(あれば)同じくらいを目安にわたくし、小斎直也のなにがしを解き明かしていこうと思います。

 

小斎直也のリモコン

こんにちは。小斎直也です。リモコンって何か部屋にいっぱいたまってきますよね。エアコンやらテレビやらDVDやら。こういうの一つにまとめられないのかなあって思っていたら、学習リモコンとかいうのがあるらしいですね。

いろんなリモコンが出す信号を覚えて、一つのリモコンでいろんな家電をいっぺんに制御できるそうです。便利ですねー。ものによってはIoTで、ネット経由で操作ができるようになるものもあるとか。エアコンを操作して帰宅前に部屋を適温にしておくとかいう事ができるのはありがたいですよね。しかしそういうものを買ってみようと思いつつなかなか実行に移せていません。

そんなことをしているうちにしょっちゅうリモコンがどこかへなくなってしまいます。寝ながらエアコンをつけたら、エアコンのリモコンをそのままベッド脇に落として気づかないまま朝になってやたらめたら探す羽目になったり。いやあ大変ですね。昔のリモコンは有線式だったと聞いたことあり、ああそれなら紛失の心配も無くて良かったなあと思ったりもします。

リモコンを探すリモコンとかあったら便利だなーと思ったこともありますね。ボタンを押すと探したいものに付けたブザーが鳴るっていう。最近ほんとにそれが実用化されたようでお店でも売っているようです。面白いですね。

小斎直也の家具の話

こんにちは。小斎直也です。もう平成も終わり…ということで部屋の模様替えとかしたくなりますよね。そんなわけでちょっと家具の買い替えとか、買い足しを考えちゃっています。正直、個人的にはあまり物を捨てるのが苦手というか、いつか使うかもしれない的な考えでついついいろいろ溜め込んでしまうんですよね。

なので割と家に物が多いタイプです。ちょっと整理したほうがいいかなって思うこともあるのですが…とりあえず大きい棚とかがあると助かりますよね。かといって棚ばっかり買っているとすぐに部屋が棚だらけになってしまうという問題もあります。友人の家は棚で壁が埋まってしまっていて、壁があまり見えないという事になっている事すらもありました。まあそれはそれでありなのかなと思うこともありますが。

大きな棚といえば、本をたくさん持っている人にとっては、天井まである大きな棚、ああいうの憧れちゃう人も多いんじゃないでしょうか。個人的にはああいう本棚に立派な本を並べてみたいと思ったりもします。しかし倒れてこないように、天井に突っ張り棒で固定するなど、そういう地震対策も忘れずにやらないといけないなあとも思いますね。

大きな棚を買ったら思い出の品とかそういうのを並べて飾るのもいいかもしれません。あまりコレクションと呼べるほど珍しい物を持っているわけではありませんが、お気に入りのものがいつでもどこでも目に入る位置にあるというのは所有欲が満たされるというか、精神的な満足感を得られるのかなとも思います。

やはり人間というのは少なからず物理的な存在に固執してしまうものなのでしょうか。むしろそうだからこそ、自分が自分らしくいられるのかもしれません。

小斎直也の高麗人参

こんにちは、小斎直也です。皆さんは高麗人参って知っていますか?最近のエナジードリンクとかによく入っているので知っている方も多いのではないでしょうか。

結構元気の源、みたいなところありますよね。活力がわいてくると思います。高麗人参は体の健康をもたらしてくれるわけです。しかし図鑑で高麗人参を調べてみると、私達が普段食べたりしている普通の高麗人参とはかなり違う形をしているんですよね。

結構細いような形をしています。見た目は結構違いますが、これも人参の種類の一つだと言うわけですから植物の世界は面白いですよね。高麗人参エナジードリンクにはいっているだけではなく、そこから抽出されたエキスが、サプリメント的な感じで売られていることもあるようです。健康食品っていろいろありますけど、どれが良いのかよくわからないですよね。

まあもちろん物によっては良い効果があるのもあると思います。高麗人参のものをなにか買って飲んでみようかなと思います。あ、話はちょっと変わりますが、そういう健康食品がどうのこうのといっていろいろ勧誘してくる変なマルチ商法とかって引っかかっちゃた事ある人いませんかね。

こないだ旧友から久しぶりに連絡があったと思ったら怪しいものを売りつけられそうになったので、会っていたレストランからスキを見てダッシュで逃走した事があります。いやあ困りますね。未だにああいうのあるんですね。みなさんも変なマルチ的なものにだまされないようにしてくださいね。

小斎直也と扇風機

どうも小斎直也です。こんにちは。もう年が明けてちょっと経ちますが、扇風機を片付けることになりました。

扇風機はまあ当然ながら夏に涼しさを享受するために使うわけですけれども、冬場になってもエアコンの風を循環させるのに出しっぱなしにしていたりします。結構暖房の空気って暖かい空気なので、部屋の上の方にたまってしまって、床の方は冷たいままってことが結構あるんですよね。なので扇風機を使って部屋の空気をかき混ぜて、全体的に暖かくなるようにしているわけです。

しかしこないだ、休みの日にちょこっと出かけたホームセンターで格安でサーキュレータを買ったんですよね。サーキュレータっていうのは、扇風機の親戚みたいなやつなんですけど、エアコンの空気をかき混ぜる事に特化した家電なんですよね。いままで扇風機を使っていたところを専用のサーキュレータをゲットしたことで、冬場はもう扇風機をしまうことができるようになったわけです。

サーキュレータは扇風機と比べると比較的小型で場所を取らないのが助かりますね。もちろん夏のクーラーを効果的に使うのにも使えますし。しかしそこに追加で扇風機を出すと部屋が狭くなるかも?と既に夏の心配をしてみちゃったりもします。まあ大丈夫なんでしょうけれどもね。消費電力も少ないでしょうし。最近はこうやって便利なものが沢山出てきてくれてありがたいです。

小斎直也の十六茶がうまい

昔。飲み物といえば、お茶か水でした。

ジュースなんてものはデパートのレストランにでも行かなければ手に入るものではなく、ジュースが出てくる家庭は基本的に裕福なところでした。

友達の家に遊びに行くと、思いの外裕福でオレンジジュースなんてものが出てきて大層喜んだという話は結構な人が体感していることと思います。

私も、そういう俗に言うお坊ちゃまの友達がいまして、ジュースを飲むためだけに何度も足を運んだものでした。

子どもですから、なんの遠慮もなかったのでしょう。

自分の家に帰ってから、母ちゃんジュースが飲みたいなんて言おうものならビンタ。とまではいきませんが、怒られたのは今でも覚えております。

1991年の貿易自由化、でしたでしょうか。その頃から途端にオレンジやらなにやらが安く輸入されるようになり、ようやく一般家庭のもジュースが出回り始めたのではないでしょうか。

ちょうどそのすぐ後にバブルが崩壊したので、なんだかなぁという感じもしておりましたが、結局現代では割と安くジュースを買って飲むことができるようになりました。

その弊害としてペットボトル症候群なんて呼ばれる若い人の糖尿病が問題になりましたよね。

そんな中で、ジュースではないのですが最近私、小斎直也がはまっているものに十六茶というものがあります。

もともととうもろこしのひげ茶というのが好きで、よく飲んでいたのですが、この十六茶にもとうもろこしが入っており、ほのかにその風味がします。

そして、ハトムギや黒豆などなんだか体に良さそうなものもたくさん入っているので、つい飲んでしまいます。

緑茶や麦茶と思って飲むとなんか違うものに感じますが、これはこれで美味しいかなと思います。

小斎直也の勇往邁進は2019年も続きます。

新年あけましておめでとうございます。

小斎直也です。

今年も勇往邁進をテーマにして、このブログを更新していきたいと思います。

小斎直也の勇往邁進を2019年も引き続きよろしくお願いします。

思えば昨年からブログを立ち上げ、日々更新してきましたが、記事数も結構多くなってまいりました。

もともとはなんとなく文字として考えを記録に残したいという思いからはじめたこのブログですが、時々いいねを頂いたりと励みになっております。

投稿数も343となっており、我ながら結構書いたなと自画自賛しています。

もちろんどれだけ記事があっても、意味のあるものでなければ無いもの同然です。

2019年はできるだけ有意義な記事を増やしていきたいと考えています。

ひとまず当面の目標は1000記事達成というところでしょうか。

アクセスは相変わらずですが、根気よくやっていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

電子レンジはなんと便利な機械なのでしょう。

どうも、小斎直也です。
最近までずっと電子レンジというのは、ただ冷めたモノを温めるだけの道具として見ておりましたが、最近いろいろと調べているうちに、あぁなんだこんなことも電子レンジでできてしまうのかと驚かされることが多くなってまいりました。

もちろん基本の温めるというところは変わらないのですが、あぁなるほど、電子レンジ一つであらゆる料理の手間を大きく省くことができることがわかりました。

もちろん本格的に作ろうというのであれば、微妙な調整が必要になりますから、電子レンジで、というわけにはいかないのでしょう。しかし大概の料理であれば、電子レンジを使うことで大幅に手間をカットすることができ、かつ美味しく仕上がるのです。

恥ずかしいことに、私、小斎直也の電子レンジの使い方は、せいぜい冷めたコーヒーを温めたり、じゃがいもをまるごと温めて食べたり、にんじんを温めて柔らかくしてからカレーに入れたり、という程度でした。
しかし電子レンジでできるレシピもたくさんあるようで、
例えば茶碗蒸しなんか有名なところでしょう。

もともと茶碗蒸しというのは、こしたり水気をきったり、蒸したりといろいろ手間も時間もかかるものです。
しかし電子レンジを使えば具材を放り込んでチンするだけで見事にできてしまうのです。
皆さんも電子レンジレシピ、探してみて下さい。
きっと思わぬ料理が非常に簡単になっていたりしますよ。

小斎直也の卵

卵。

栄養抜群でうまい食材の一つでしょう。

私、小斎直也も毎日欠かさず卵を食べております。

とりあえず買っておけば必ず消化する卵。

卵の美味しさというものは野生の動物も理解しているようで、よくとりの卵などが狙われて食べられるという話を聞きます。

最近では無精卵というものもあるようで、これを初めて聞いた時どういうコト!?って疑問に思いました。

鳥は交尾をしなくても卵を産むのか?と

実際には、精子があろうとなかろうと定期的に卵というのは体から出てくるようです。

つまりは卵自体はオスがいなくてもどんどん出てくるということでしょう。

卵を食べるとなんだか殺生をしている気持ちになることがありますが、その心配は無いということでしょう。

これからも安心して卵を食べることができます。

もちろん殺生をしているかどうかなんてことは愚問でしょう。

食事というのは往々にしてそういうものです。卵が特殊なだけなのでしょう。

小斎直也と無水油鍋

こんにちは、小斎直也です。

先日ツイッターを眺めていると料理についてのツイッターが流れてきました。

「無水油鍋」というもので鍋に胡麻油とニンニクそして白だし、白菜と豚肉を入れあとは弱火で煮込んでいくというシンプルなもので、早速家で作ってみました。

これがとっても簡単で美味しく、何杯もご飯をお変わりしてしまいました。

なんと言っても材料が少なく、なおかつただ鍋に入れて煮込むだけというのが簡単でとても良いですね。この時期は鍋が美味しく感じられる季節なので色んな鍋を楽しみたいなと思っています。

一度ちゃんとやってみたいのはこれも同じようなものなんですけど、白菜と豚肉を交互に重ねるミルフィーユ鍋ですかね。見た目にも綺麗ですし。テレビのCMで見たときに美味しそうでやってみたいなっていつも思うので次はそれにもチャレンジしてみようかと思っています。

来週は最強寒波がやって来る

こんにちは、小斎直也です。

久しぶりに雨が降りました。やっぱり雨が降ると寒いですね。

ただ今年は比較的気温が高い気もします。この時期もっとダウンコートとか着てた気がするんですよ。そんな風に思っていたらニュースで来週は最強寒波が来るんだとか。

今年、コートをまだクリーニングに出していないんですよ。かなりまずい状況です。とりあえず明日にでも出して、間に合えばいんですけどね。

夜も流石に毛布を出さないといけなくなりそうです。電気毛布があるので最強寒波襲来の際はそれでもいいかなと。なんにせよ年末年始に風邪は引きたくありませんからね。

この時期からきをつけないといけないこととしてインフルエンザも心配です。今年はまだ予防接種をしていませんが先日、直前に予防接種を受けてた方と会いまして、その方は副作用のせいなのか体調が悪いと言っていました。私はあまり副作用とかで体調が悪化した経験がないのですが、その方も今までそんな経験をしたことがないそうで。とはいえ予防接種を受けておかないと、もしかかったときに重篤な症状になってしまう可能性もありますからね。小斎直也は一人暮らしなのでそれを考えると熱で魘されるぐらいつらい状況に置かれるのは嫌だなと思ってしまいます。